やめたくてもやめられない、ギャンブル依存症【初心者注意】

 

ギャンブル依存症とは!?


日本におけるカジノ法案(IR法案)の成立を受け、日本カジノ反対派閥の主張するギャンブル依存症問題が世論の的となっている。

ギャンブル依存症
・ギャンブル依存症とは、ギャンブルにおける行為や過程に心を奪われてしまう事。
・欲求のコントロールができなくなり、まるで覚醒剤のようにギャンブルを辞めたくても辞められないような状態になってしまう事。
症状が進行すると、返済ができないような借金をしてまでギャンブルを行ったり、犯罪を犯してでもギャンブルをするようになってしまう事から問題視されている。

しかしギャンブル依存症は、決して克服のできない物では無く、医師又は専門機関による正しい治療を行うことにより正常に回復させることができるとされている。

<ギャンブル依存症にかかる人の割合>
・日本国内では、約500万人がギャンブル依存症に苦しんでいるという推計が公的機関から出ている。
カジノ施設が無いながらも、日本のギャンブル依存症は世界でも割合が高いとされている。
その背景にはパチンコ屋スロットなどの遊技場の存在や、大麻などの覚せい剤の全面禁止があると言われている。

ギャンブル依存症の原因

ギャンブル依存症の原因についてまだはっきりとした医学的根拠は出ていないが、環境的要因、生物学的要因、遺伝的要因が組み合わされて発症する可能性が最も高いと言われている。

日常生活で抑圧された感情をうまく吐き出す事のできない人がギャンブルで刺激を求め、発散しているケースが多い。自己表現能力の低い人や、負けず嫌いの人がかかりやすいようだ。

また、アルコール依存症や薬物依存症などの他の依存症と比べてギャンブル依存症への認識はまだ浅く、周囲の人間が気づきにくい事も相まって問題視されている。

日本にカジノが出来ると、ギャンブル依存症患者は増えるのか?

日本にはパチンコ・スロットの遊技場や宝くじ、競馬などがあり、「ギャンブル依存症大国」と言われているほど、既にギャンブル依存症は蔓延していると言える。

公式な医学的根拠が示されていないため様々な世論があるが、カジノが出来たとしてもギャンブル依存症患者はあまり増えないのではないかとする説が最も有力だ。

理由として、シンガポールで既に実施されている物を参考にした、国民及び永住権保持者へのカジノ入場料制の導入が決定している事があげられる。
シンガポールでは既に入場料制にはギャンブル依存症への対策効果がある事が確認されており、日本でも同様に効果があるという説が有力なためだ。


真のカジノプレイヤー達にとっては、入場料のかかる現実世界のカジノより、借り入れも可能で入場料のかからないオンラインカジノの方が好まれやすいようだ。

勝敗は別にして、カジノプレイヤー達は皆さん、入場料も軍資金に充てるくらいの覚悟でカジノに望んでいるのですね。

 

 

Please follow and like us:

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。