今、注目が集まる職業「カジノディーラー」

カジノディーラーとは

カジノの主役である、カジノディーラー(クルーピーとも言う)は、カジノにおけるテーブルゲームにおいて、ゲームの進行やそれに伴うチップの配当や回収を行う従業員の事。

何種類もあるカジノのテーブルゲームの中から、担当するゲームをルールや手順に則って中立な立場から進行させる。

イギリス、アメリカ、オーストラリア、中国(マカオ)などの国では免許制度があり、カジノディーラーとして従事するためには免許が必要になる。

カジノの顔

現場の最前線でお客さんと触れ合う接客業であり、カジノディーラーの印象自体がそのカジノの印象となる事から、「カジノの顔」とも言われている。

日本ではまだ国内にカジノが無いため、カジノディーラーへの理解が少ない事から、イカサマ師、ペテン師のように扱う人も少なくないが、カジノディーラーは決してお客さんを意識的に負けさせて、カジノ側に収益をもたらすような存在ではない。

熟練のカジノディーラーは、全てのゲーム進行を操作して勝ち負けを操作できる。というように考える人も少なくは無いが、決してそのような事はない。(裏カジノ、闇カジノなどは別だが..)

効率よく正確にカジノゲームを進行させる事こそが大切であり、勝っているお客さんにも、負けているお客さんにも中立的な立場から楽しい時間を過ごしてもらうように勤める必要があるため、カジノディーラーには高い接客スキルが必要で一種のエンターテイナーとしても求められます。

お客さん自身のお金が絡む場でもあるので、取り乱してしまう人も少なくありません。
どんなお客さんに対しても冷静沈着に対処し、カジノゲームを進行する役割は決して簡単なものではありません。

カジノディーラーの就労環境

カジノディーラーは、監視カメラや他のカジノ従業員に常日頃から監視されており、不正を疑われてしまうような行動、言動は決して許されません。
監視されている中でカジノディーラーとしての仕事をする、と言うのは言うまでもなくストレスの溜まり易い環境であると言えます。

また世界のカジノの多くは24時間営業、年中無休のため、夜勤なども伴って不規則なシフトとなる事も少なくありません。
そんな過酷な労働環境下といえどもミスや不正は、即減給や解雇などにも繋がってしまう事から、常に気が抜けません。

カジノディーラーの給料は?

カジノディーラーといえば一見高給取りに思っている方も多いと思いますが、現実はそうでもないことの方が多いようです。

国やカジノ毎にもちろん異なりますが、平均すると時給800円程度で働いている方が多いと言われています。

しかし、実際にはここにお客さんからの「チップ」が加わります。不正を防ぐ目的からも、チップはカジノディーラー個人が直接貰える訳ではなく、カジノ場全体で集まったチップを一度集め、カジノディーラーや、サービスマンなども含め全体に配られる事が多いようです。

一般的なお客さんからのチップに加え、上客からの大金のチップが入ると、カジノディーラーの収入も大きく上がります。

チップも含めると、アメリカ最大のカジノ、ラスベガスでは年収420万〜1000万円以上、香港マカオでは年収340万〜1000万円程度が相場のようです。

どんな人がカジノディーラーに向いている!?

カジノディーラーは、場を盛り上げるサービス業の能力に長けていて、ゲームの進行係として瞬時に複数人のお客さんを相手に冷静沈着で、淡々と作業や計算を行う必要があるため、最低限の計算能力、暗算能力とマルチタスク能力は要求されます。

また、カジノに来るお客さんの中には、カジノディーラーの事を敵だと思っている人も少なくありません。そんなお客さん達を相手にしても、気持ちの良い接客が出来るだけのコミュニケーション能力は必要です。

今後カジノ業界の待遇がどうなっていくかは分かりませんが、待遇も決して良くはありません。

本当にカジノゲームが好きな方や、人を楽しませることが好きな方に向いている職業と言えるのではないでしょうか。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

Please follow and like us:

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。