オンラインカジノは結局合法なの?違法なの?

オンラインカジノは合法?違法?

結論:合法でも、違法でもない。

近年、インターネットの発達と共に規模が拡大しているオンライン賭博の分野ですが、現段階の日本の法律では、オンラインカジノを裁く為の明確なものがない為、グレーゾーンの状態となっています。

規模の大きなオンラインカジノは日本国外にあり、運営されている各国で政府などから正式なライセンスを受けて運営を行っています。

故にオンラインカジノの運営に何ら問題はなく、違法性はありません。

海外にて行われている合法カジノを裁く権利は日本の法律にはないので、日本国内にいてプレイをしながらも違法とはならないのです。

しかし、これはあくまでオンライン上で海外にアクセスしてプレイしている場合のみであって、日本国内で運営されている「オンラインカジノをプレイする為の専門店やネットカジノ(インカジノ)でプレイをしたり、海外で正式なライセンスのないオンラインカジノをプレイすると、立派な違法行為となってしまいますので注意が必要です。

刑法に定められていること

刑法185条ではギャンブルをすること、刑法186条ではギャンブルをする場所(賭博場)の提供する事が禁じられています。

▼刑法第185条(賭博)
・賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただい、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまる時は、この限りではない。

▼刑法第186条(常習賭博及び賭場場開帳等図利)
1.常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に科する。
2.賭場場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処する。

過去の判例と今後の展開

2016年には埼玉県でオンラインカジノの”NetBnaQ”、”ドリームカジノ”をプレイした3名のプレイヤーが逮捕される報道を受けて、日本国内に激震を与えましたが、結果的には「違法ではない」という判断に至りました。(不起訴処分)

逮捕=有罪とは限らないのです。また弁護士の見解では、胴元であるオンラインカジノ側が合法的に運営されているのに対して、プレイヤーを処罰するのは妥当ではない。とのことでした。

カジノ法案が成立した今日、「オンラインカジノはどうなるのか?」という点にはプレイヤーの注目も集まりますが、今の所あまり関係がないようで、今後の展開には注目が集まります。

日本ではカジノ文化に触れる事も少ないので「怪しい」と思う人も少なくありませんが、ヨーロッパのユーロ圏では、上場企業が運営しているほどの大きな産業の一つです。

カジノ導入のメリットとしてあげられている”経済効果”の面で、日本全体がより一層活性化して行くと良いですね!

Please follow and like us:

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。